Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/frida/www/sanpomania/www/japan/index2.php:5) in /home/frida/www/sanpomania/www/japan/index2.php on line 59
京都散歩

京都でのお散歩記録です。京都のついでに立ち寄った関西地方の情報も少しだけあります。

[スポンサードリンク]

New Entry

京都和久傳

2013/08/29;外観;和久傳

京都伊勢丹内の和久傳さん。

駅ビルの中のお店なのでそれほど期待せずに入ったのだけれど、とてもおいしかったのですっかりお気に入り。
もともとはしたてさんが好きだったのだからもっと早く訪問すればよかった。

京都の町を見下ろすカウンター席が特等席。
なかなかなお値段のランチですが平日でも時間帯によっては満席で入れないことがあります。
人数が多い時やカウンター席を希望するなら予約をしたほうが安心です。

「:京都和久傳」の続きを読む

京豆富 不二乃 JR京都伊勢丹店

2013/04/24;生湯葉ゴマ豆腐と湯葉豆腐;藤野

食事くらいは美味しいものをと思うのだけれど京都駅近くに気の利いたお店が少なく結局いつもはしたてばかり。

気分を変えてみようと京都のお豆腐屋さん藤野のお料理屋さんに訪問してきた。

「:京豆富 不二乃 JR京都伊勢丹店」の続きを読む

御寺泉涌寺別院 雲龍院

2013/01/20;庫裏;雲龍院

泉涌寺から帰ろうとしたら雲龍院の丸い窓の写真がある看板が出ていた。
しかもお抹茶ものめるというので早速訪問。

お寺の中にあるお寺、いわゆる塔頭寺院なのだけれど「別格本山」という格の高いお寺さん。
皇室とのゆかりが深いのが理由だそう。

予定外の訪問だったけれど大当たり。
お庭が良い庭は多いけれど、ここは窓とお庭が良い。
畳の上で正座して、窓枠を通して眺める景色は絵画のよう。

惜しむらくは訪問したのが1月だったこと。
花の季節に来たい。せめて緑がきれいな季節に来たい。

拝観料はお抹茶付きで900円。
確か泉涌寺入口の拝観料も払う必要があるので訪問するなら泉涌寺とセットで。最低でも1時間、ゆったりお茶をするなら1時間半は見ておきたい。

「:御寺泉涌寺別院 雲龍院」の続きを読む

御寺 泉涌寺

2013/01/20;仏殿;泉涌寺

広く白い砂利の参道をゆっくりと下ったところにある仏殿の姿がJR東海のキャンペーンで有名になったお寺。

当初は天台・真言・禅・浄土四宗兼学の道場だったそうですが、現在は真言宗泉涌寺派のお寺さん。
天皇陛下ゆかりのお寺で「御寺(みてら)」と呼ばれるのだそうです。
ドメインもmitera.orgなのでこの呼び方をとても大切にしているのだと思う。

境内に入るための拝観料が500円御座所と庭園を見るにはさらに特別拝観料300円が必要だけど、また来てみたいお寺。
紅葉は人が多くて大変そうだから若葉の緑がきれいな時期に。

「:御寺 泉涌寺」の続きを読む

圓徳院

2013/01/20;圓徳院の入り口

以前高台寺を見た時にはいかなかったので今回初訪問。

拝観料は高台寺が600円(掌美術館を含む)で圓徳院が500円。
高台寺、高台寺掌美術館、圓徳院の3個所共通券なら900円なので両方見るなら一度に見たほうがお得。

お得だとはわかっていたのに前回訪問しなかったのは「北政所ねね終焉の地」という説明だったから。
歴史上の人物としては人気があると思うし特別「ねね」を嫌う理由は無い。
「ねねの道」だの「楽市ねね」だのとあまりにも「ねね」を押してくるので無視したくなったのだ。
テーマパーク嫌いな私としては敷地内にある商業施設「楽市 ねね」の雰囲気も嫌気がした理由の一つだった。

ただ、実際に訪問してみると庭の様子は良いし茶室でいただくお抹茶もよい。
高台寺は歩いて見て回るタイプの庭で圓徳院は座って眺められる庭と趣が違うので時間ある時には両方拝観してみてもよいと思う。

「:圓徳院」の続きを読む